就労継続支援A型は辛い?

就労継続支援A型は、障害をお持ちの方に仕事を提供する福祉サービスです。就職を控えた特別支援学校の学生さんや、一般就労の経験がない方にとっては、「就労継続支援A型は辛いのではないか?」と不安に思うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、エナベル松戸の就労継続支援A型で実際に働くのはどのような感じなのか、就労継続支援A型事業所の雰囲気を紹介します。あわせて、気になる勤務時間や休日、お昼休みのことについてもたっぷり紹介。就労継続支援A型についてリサーチしている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

就労継続支援A型と一般企業の障害者雇用との違いは?

仕事をしたいと考える障害者の方の中には、就労継続支援A型と一般企業の障害者雇用枠のどちらを選ぶか迷っている人もいるのではないでしょうか?まずは、就労継続支援A型と一般企業の障害者雇用枠にはどんな違いがあるのか、それぞれのメリットを解説します。

就労継続支援A型のメリット1:スタッフのサポートが手厚い

就労支援員

就労継続支援A型には、サービス管理責任者や職業指導員を始めとしたスタッフが常駐しています。障害や病気の特性についての知識があり、仕事をしながら適切なサポートを受けられるのが特徴。作業を進める上で分からないことや、勤務するにあたって困ったことを相談しやすいのがメリットといえます。

それに対して一般企業の障害者雇用では、障害についての理解が各企業の担当者によって異なるのが現状です。希望する配慮が必ず得られるとは限らないため、応募の時点でしっかり確認する必要があります。

就労継続支援A型のメリット2:勤務シフトが安定している

就労継続支援A型

就労継続支援A型は、平日の日中、毎日決まった時間に通所します。休日出勤や残業、夜勤といった変則的な勤務がないので、生活リズムが安定しやすいのがメリットです。

一方、一般企業の障害者雇用枠では、その企業の就業時間に合わせることになります。例えば、24時間操業の工場などでは、深夜や早朝に勤務することもあるでしょう。シフトを希望する時間帯になるよう配慮してもらえる可能性はありますが、他の従業員との兼ね合いもあることは頭に入れておくと良いですね。

就労継続支援A型のメリット3:勤務時間中に訪問看護が受けられる

訪問看護

就労継続支援A型事業所エナベル松戸では、訪問看護サービスを提供しています。看護師が事業所に来て、カウンセリングをする形式です。看護サービスは、もちろん就業時間内に受けていただけます。体調面で不安がある人にとっては助かりますね。

しかし一般企業の場合は、看護師が職場を訪問するのは難しいでしょう。通院する場合は、有休や半休を取得したり、土日など勤務のない日に行くことになります。

一般企業(障害者雇用)のメリット1:大企業グループの社員になれる

就労継続支援A型

障害者雇用を実施している一般企業には、全国的に有名な大企業も多いです。その企業そのものやグループ会社に入社することは、自分にとっての自信につながりそうですね。ご両親も安心するでしょう。思い入れのある企業がある場合には入社できるチャンスです。

一般企業(障害者雇用)のメリット2:正社員登用の道がある

就労継続支援A型

一部の一般企業には、障害者雇用から正社員に登用する制度があります。安定して出社することはもちろん、勤務態度やコミュニケーションスキル、そして仕事上の実績が大切になります。実績が認められれば正社員になれる可能性があるのは、やりがいがありますね。

一方、就労継続支援A型は福祉サービスなので、一般企業のようなステップアップは望めません。就労継続支援A型は、無理なく働きたい人に向いているといえます。

エナベル松戸の就労継続支援A型はどんな雰囲気?

エナベル松戸の事業所内

ここからは、エナベル松戸の就労継続支援A型についてご紹介していきましょう。エナベル松戸の事業所は、同じ向きでデスクが並んでいます。デスク1つにつき2名掛け(現在は新型コロナウィルス対策のため1つにつき1名掛け)です。勤務時間中は会話はなく、集中して仕事をしやすい環境です。その一方で、休憩時間や終業の時には談笑する姿も。

業務内容は、会計データ入力など経理関係や、パソコンを使った法人リサーチ、布マスクなどハンドメイド作品の制作があります。納期が決まっている仕事もありますが、ボリュームは一人一人のできる範囲に調整されています。「辛いのではないか」と不安な方も、無理なく仕事を続けることができますよ。

エナベル松戸の就労継続支援A型のスタッフはどんな人?

エナベル松戸の職業指導員

エナベル松戸の就労継続支援A型で主に関わるスタッフは職業指導員です。エナベル松戸の職業指導員は男性です。仕事の振り分けは適性を見ながら無理のない範囲で行い、作業の前には分かりやすく指示します。また、間違えたところは的確に指摘します。

また、働く上での相談ごとは、サービス管理責任者が承ります。エナベル松戸のサービス管理責任者は女性です。困ったことがあれば、気軽に相談することができますよ。対面はもちろん、話しにくいことはメールや電話でのご相談も承ります。

エナベル松戸の就労継続支援A型の勤務時間・休日は?

就労継続支援A型は辛い?

エナベル松戸の就労継続支援A型は、月曜から金曜までの平日、10時から15時までの勤務です。こちらの日数や時間を短くして勤務することはできません。

なお、土曜・日曜・祝日はお休みとなっています。休日出勤や残業はありません。また、有給休暇を取得することもできます。有給休暇は年間11日からスタートします。

エナベル松戸の就労継続支援A型の休憩時間・お昼休みは?

就労継続支援A型は辛い?

エナベル松戸では、午前と午後に10分ずつ休憩時間があります。また、お昼休みは50分間です。お昼休みにはエナベル松戸がお弁当をご用意しています。お弁当の温めや配膳などの準備は、A型利用者の方が2人1組の当番で行います。

お弁当のメニューは日替わりで、栄養バランスも◎。体調面で食事制限がある方は、個別で用意することも可能です。しっかり食べて会話を楽しんで、午後の仕事に備えましょう。

就労継続支援A型から一般企業への就職もOK

就労継続支援A型

就労継続支援A型は、65歳になるまでという年齢制限はあるものの、利用期間に定めはありません。ですから、仕事内容や事業所の雰囲気が合えば継続してお仕事をしていただくことができます。

また、エナベル松戸では、お仕事に取り組む様子や安定通所の実績から「この求人はこの方にぴったり!」という一般企業の求人をご紹介することも。もちろん、応募するかどうかはご本人の意向を尊重します。就労継続支援A型は、安定して働くことができるだけでなく、新たな就労のチャンスの場でもあるのです。

まとめ

就労継続支援A型は辛いのではないか?と利用を迷っている方へ向けて、エナベル松戸の就労継続支援A型の雰囲気や一般企業の障害者雇用枠との違いをご紹介しました。就労継続支援A型への不安は少しでも和らぎましたか?

エナベル松戸では、利用者の方が長く楽しくお仕事を続けられるように環境を整えています。まずは見学で、事業所の雰囲気を体験してくださいね。

エナベル松戸|今すぐ見学申込できます【質問だけでもOK】

【電話受付時間】平日 9:00~17:00

問い合わせフォームはこちら

電話で問い合わせる

おすすめの記事