休憩時間の過ごし方

就労移行支援と職場は、いろいろと雰囲気が違うものです。例えば休憩時間ひとつとっても、職場によってそれぞれ独自の習慣があります。就労移行支援から就職した人の中には、「休憩時間をどんな風に過ごしたらいいんだろう?」と戸惑った経験があるのではないでしょうか?

そこで今回は、就労移行支援から就職した人のために、おすすめの休憩時間の過ごし方をご紹介します。また、職場によってはアウトな休憩NG例もあわせてご紹介。あなたが仕事中にリフレッシュできるヒントがきっと見つかりますよ。

休憩はしっかり働くために必要な時間

休憩時間の過ごし方

障害者雇用では、1日4~6時間の勤務に対して1時間程度の休憩が与えられる場合が多いです。お昼休みなどの長い休憩時間のほか、仕事の合間にちょっと息抜きする時間を設けている職場も。

労働基準法第34条では、1日6時間を超える勤務に対しては少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩を与えなければならないと定めています。国が休憩時間を定めるということは、それだけ仕事には休憩が必要であることの裏付けと言えますね。

障害者雇用はこの時間規定より少ない勤務時間であるケースが多いため、法律の定めには当てはまらないことも。それでもやはり、集中力や体力を維持するためには適切に休憩を取ることが大切です。

「休憩してください」と言われたのに休憩しにくい?

休憩時間の過ごし方

障害者雇用で就職した人の中には、「休憩してくださいね」と声をかけられても遠慮してしまうケースが見られます。それは、「他の人が働いているのに自分だけ休憩しにくい」「気にかけてもらって申し訳ない」という気持ちから起こることも。また、過集中になりやすい人も、休憩を取らずに仕事を続けてしまう傾向がありますね。

しかし休憩を促す立場から考えると、無理をして体調を崩したり、疲れによるミスが多くなったりするのは困るわけです。休憩を促すタイミングも見計らっているはずですので、あなたが休憩を取ることによって業務に支障をきたすことはないでしょう。

ですから、「休憩してください」と言われたら、気を遣わずに休憩して次への元気をチャージしましょう。水分補給やストレッチ、トイレなどを済ませる時間に充てると良いですね。

休憩したくなったらどうすればいい?

休憩時間の過ごし方

それでは、「休憩してください」と言われていないタイミングで休憩したくなったらどうすればいいでしょうか?そんな時は、無理せず休憩を願い出てみましょう。

ここで注意したいのが、なぜ今休憩が必要なのか、どれくらいの休憩時間がほしいのかをきちんと伝えることです。例えば、「めまいがするので、10分ほど席を外してもよろしいでしょうか?」といった感じです。休憩が必要な事情が分かれば、きっと相手も快く承知してくれますよ。

また、休憩から戻った時には、「休憩時間をいただきありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えるといいですね。

おすすめの休憩時間の過ごし方

休憩時間の過ごし方

ここまでは、仕事の合間に取る短時間の休憩について解説してきました。それではここからは、昼休みなどの長い休憩時間の過ごし方についてお伝えしていきましょう。

昼休みのような長い休憩時間には食事をとることが多いですが、食事をしても時間が余る場合がありますね。そんな時は、休憩前に取り組んだ仕事内容をメモにまとめたり、走り書きのメモを清書したりして、情報を整理しておくのがおすすめです。

そのほか、読書をしたりストレッチをしたりして、ゆったりとした気持ちで過ごすのもおすすめ。目をつぶって瞑想(今風に言うとマインドフルネス)するのもリフレッシュできそうです。

また、職場の人と一緒に休憩を取る場合は、情報交換や軽いコミュニケーションの良い機会になりそうですね。仕事中にはなかなかできない雑談の中から、仕事の疑問が解消できたりヒントを得られたりするかもしれません。ポイントは、話が長くならないような話題にとどめることです。

これはアウト!休憩時間の過ごし方NG例

休憩時間の過ごし方

休憩時間=自由時間と考える人もいますが、休憩時間なら何をしても大丈夫というわけではありません。極端な例ですが、いくらリフレッシュできるからとはいえ、休憩時間にお酒を飲む人はいませんよね。

休憩時間の過ごし方でNGと捉えられがちなものとしては、スマホゲームが挙げられます。スマホゲームが普及してはいるものの、職場には様々な年代の人が働いています。「会社でゲームなんて!」と感じる人もいないとは限らないので、休憩時間であっても起動しない方が無難です。

また、スマホゲームは切り上げるタイミングが難しいというデメリットもあります。仕事を始める時間になってもやめられなかったり、話しかけられた時に思わず「ちょっと待って」と言ってしまったりすることも。スマホを使うのは、メールや着信のチェック程度にとどめておきましょう。

また、職場によってはお菓子を食べるのもNGです。糖分補給したい人は、お弁当のデザートとして果物を用意するといいかもしれませんね。

休憩時間はリフレッシュしよう!

就労移行支援から就職した人へ向けて、職場での休憩時間の過ごし方について解説しました。リフレッシュして次の仕事に臨めるように、休憩時間を有効に活用してくださいね!

エナベル松戸|今すぐ見学申込できます【質問だけでもOK】

【電話受付時間】平日 9:00~17:00

問い合わせフォームはこちら

電話で問い合わせる

おすすめの記事