就労継続支援A型と就労移行支援

障害者の就労支援には、主に就労移行支援・就労継続支援A型・就労継続支援B型があり、2018年には新たに就労定着支援も加わりました。それぞれの支援サービスにはどんな違いがあるのかは知っていても、「どの支援サービスが自分に合っているか、選び方が分からない」という方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、就労支援サービスの中から就労移行支援と就労継続支援A型にフォーカスして、それぞれのメリットとデメリットを比較し、選び方を解説しています。自分に合うのはどちらの支援サービスなのか、気になる方はチェックしてみてくださいね。

就労移行支援と就労継続支援A型。自分に合うのはどっち?

就労継続支援A型と就労移行支援の選び方

エナベル松戸は、就労移行支援と就労継続支援A型のサービスを提供しています。いずれも、現在は一般企業で働けないけれど、将来的に一般就労を目指したいという方のための支援サービスです。また、エナベル松戸では、通所する時間も週5日の10時から15時までと同じ。見学に来られる方の中にも、どちらの支援サービスが自分に合っているか分からない方も少なくありません。

就労移行支援と就労継続支援A型の大きな違いのひとつは、就労移行支援は就職のための訓練中心のサービスであるのに対し、就労継続支援A型は事業所と雇用関係を結んでいるという点です。それでは具体的に、就労移行支援と就労継続支援A型それぞれについて、メリットとデメリットを挙げてみましょう。あなたにはどちらが合っているのでしょうか?

就労移行支援のメリットとデメリット

就労移行支援は、障害によって現時点で一般就労が困難な方に向けて、就職のための訓練を提供するサービスです。まずは、就労移行支援のメリットとデメリット、そしてどんな人におすすめかを見てみましょう。

就労移行支援のメリット

1日の流れ

就労移行支援の最大のメリットは、安定して通う習慣を身につけやすい環境にあることです。体調を崩して仕事を続けられなかった人にとっては、週5日継続して通う訓練がとても大切。欠席だけでなく遅刻しがちな人も、スタッフと対策を考えながら改善させていくことができます。

また、社会人の基礎となるビジネスマナーや言葉遣いについても丁寧にアドバイスし、自信を持って就職できるように積み重ねを行っています。感情のコントロールの仕方や考え方を学び、職場での円滑なコミュニケーションをができるような心理ワークも。

エナベル松戸の就労移行支援では、通所時間内に就職に役立つ資格取得やスキルアップの学習ができるところもメリットです。例えば、日商簿記検定やビジネス能力検定など。パソコンやテキストも事業所のものを使えるので、自宅で学習できる環境が整っていなくても受験対策が可能です。

さらに、毎日の通所の際には、清潔感があって好印象を与える身だしなみかどうかを支援員と確認。このように、就職に向けて内面も外面もブラッシュアップしていくのが就労移行支援です。

就労移行支援のデメリット

就労継続支援A型と就労移行支援の選び方

就労移行支援サービスのデメリットは、月々のお給料が発生しない点にあります。また、支援サービスを受けられる期間が2年間と定められているのもデメリットといえるかもしれませんね。長い年月ずっと通い続ける場所ではなく、2年の間にしっかり訓練を積んで就職を目指すという特色があります。

就労移行支援はこんな人におすすめ

就労移行支援と就労継続支援A型

このようなことから、就労移行支援はこんな人におすすめできる支援サービスといえます。

  • 将来、就きたい職業や目標がある人
  • 一般の企業や団体で働きたい人
  • 生活リズムを改善して、就職に備えたい人
  • 職場での人間関係がうまくいくコツを学びたい人
  • 仕事から離れて自分をリセットしたい人
  • 実家暮らしなどで、今は働かなくても生活できる人

就労継続支援A型のメリットとデメリット

次は、就労継続支援A型について見ていきましょう。就労継続支援A型も、障害のために一般就労が困難な方に向けた支援サービスのひとつです。ここからは、就労継続支援A型のメリットとデメリット、そしてどんな人におすすめかをご紹介します。

就労継続支援A型のメリット

経理会計・データ入力

就労継続支援A型の大きなメリットは、毎月のお給料が発生することにあります。就労継続支援A型事業所と雇用契約を結び、事業所が用意した仕事を行います。主な仕事の内容は、エナベル松戸を例にとりますと会計データ入力や領収書の仕分け作業、手芸品の制作があります。

職業指導員がお一人お一人の適性を見ながら、仕事内容やボリュームを調整しています。ですから、「自分には難しすぎて大変」と感じることはないでしょう。一般企業に就職し、負担の大きい仕事が多くて大変な思いをしたことのある人には安心できますね。

また、年齢制限はあるものの雇用契約には期限が定められていないので、安定して働けるのもメリットです。一般企業と違って残業や休日出勤がないので、無理なく仕事を継続しやすい環境。訪問看護サービスで体調のケアができるのも頼れるポイントです。

もちろん、就労継続支援A型で安定して働く体力や自信をつけて、一般企業へ就職する道も開けています。週5日遅刻や休みをせずに通う習慣がつけば、よりよい環境で働くことも可能になりますよ。

就労継続支援A型のデメリット

就労継続支援A型と就労移行支援の選び方

就労継続支援A型は、仕事をするために通所していただくものです。デメリットといえば、就職に向けた学習ができない点でしょう。

エナベル松戸の就労継続支援A型では、資格取得の学習や就職に向けたビジネスマナーの講習といったプログラムをご用意していません。じっくり勉強をして次のステップに備えたいという場合は、通所時間外にご自宅でおこなっていただくことになります。

就労継続支援A型はこんな人におすすめ

就労移行支援と就労継続支援A型

このことから、就労継続支援A型はこんな人におすすめできます。

  • 家計を支える立場で、月々の収入を得る必要がある人
  • 社会人としての基礎的な知識・マナーが備わっている人
  • 仕事のボリュームや難しさに不安がある人
  • 体調のケアをしながら無理なく働きたい人

選び方に迷ったらサービス管理責任者に相談!

就労継続支援A型と就労移行支援の選び方

就労移行支援と就労継続支援A型それぞれの選び方をご紹介しました。どちらの支援サービスが自分に合っているか、なんとなく見えてきましたか?

まだどちらの支援サービスにするか迷っているという方は、エナベル松戸のサービス管理責任者へご相談ください。面談の上、あなたにぴったりの支援サービスをご提案させていただきます。また、エナベル松戸での実際のお仕事を体験していただくことも大切。ご相談・体験は支援員やご家族の付き添いも歓迎いたしますので、ぜひ一度エナベル松戸へお越しください!

エナベル松戸|今すぐ見学申込できます【質問だけでもOK】

【電話受付時間】平日 9:00~17:00

問い合わせフォームはこちら

電話で問い合わせる

おすすめの記事