就労移行支援と並んで検討されることの多い就労継続支援A型・B型。エナベル松戸就労移行支援のメンバーにも、就労継続支援A型やB型に在籍していた経験のある方がいます。ここでは、就労継続支援A型・B型を経て就労移行支援を利用し、大手一般企業に就職したNさんの体験談を紹介します。

就労移行支援を利用したきっかけ

就労移行支援を利用したきっかけ

就労継続支援B型とA型でそれぞれ働いたことがあります。体調が安定してきて「もっとステップアップしたい」という思いが強くなり、年齢も上がってきたので一般企業の正社員になりたいと思うようになりました。あと、ほかの利用者との相性があまり良くなく、居心地が悪いと感じていたことも正直あります。

主治医の先生や相談員さんと相談して、ステップアップのために就労移行支援を利用することにしました。もともと初めての場所が苦手ですが、エナベルを見学したときに落ち着いた雰囲気を感じられたので、安心して入所できました。

週3日からじっくり慣れていける。きめ細かい訓練フォロー

就労移行訓練

通い始めは週3日の通所から慣れていきました。午前・午後とスケジュールが分かれていたので、体調や予定に合わせて半日か終日を選べたのもよかったです。

訓練は、パソコンや軽作業など、色々な内容の訓練を試して自分が無理なくできるものを続けていくことにしました。スタッフが作業の記録をデータ化してくれて、「記録が上がってきましたね」と励まされることもありモチベーションが上がりました。

また、毎日のセルフチェックで体調をこまめに把握する習慣がついたのもよかったです。調子が良くない日の原因をスタッフと振り返っていたので、早めの対策ができ安定して過ごせる日がどんどん増えていきました。

就職活動は1つずつ不安を解消しながら

就職活動

就職活動はスタッフと相談しながら進めたので安心でした。オンライン企業見学や現地での見学・実習も行い、通いやすい場所・正社員登用を条件に企業を絞り込みました。不安なことはスタッフに質問し、1つ1つ確認しながら進むことができてよかったです。

内定してからも、何時から何時まで働くか、休日は何曜日にするか…など細かいことはすべてスタッフが調整してくれました。自分の希望になるべく近づくよう交渉を重ねてくれたので、より働きやすくなって助かりました。

就職してからの1日はあっという間

就職体験談

今は週5日・7時間働いています。職場の人はいつも気づかってくれて、無理なく仕事を続けられています。色々な業務があり忙しいので、1日はあっという間でとても充実しています。 スタッフとは定期的に連絡を取り合い、ちょっとした相談事もしやすくて助かっています。

就職を考えるならまずは就労移行支援へ相談を

就労継続支援A型・B型を経て就労移行支援を利用し、大手一般企業に就職したNさんの体験談を紹介しました。一般企業の就職は難しそう…と不安に思う方は、ぜひ就労移行支援を利用して就職活動することをおすすめします。まずは、思い切って個別相談してみてはいかがでしょうか。

エナベル松戸|今すぐ見学申込できます【質問だけでもOK】
見学受付中

【電話受付時間】平日 9:00~17:00

問い合わせフォームはこちら

電話で問い合わせる

おすすめの記事